ひげ脱毛脱毛方式

光脱毛

「ひげ脱毛」とひとくちに言っても、方式が違えばメリット・デメリットは異なります。そこで、ひげ脱毛の方式別に、メリットとデメリットをまとめてみました。
メリット

 

1)一度に広範囲を施術でき、コスト的にも安い。
2)美肌しながら脱毛できる
3)痛みが少ない

 

デメリット

 

1)日焼け肌の場合は施術しにくい、あるいは施術できないことがある
(脱毛機器がメラニン色素の褐色に反応するため、肌が褐色だと難しい)
2)他の方式に比べ、脱毛効果が薄い(とはいえ,すぐに毛が生えてくるということではない)
3)ひげをデザインしながらの脱毛には不向き

 

光脱毛で代表的なエステサロン

 

脱毛ラボメンズの詳細ページ

 

メンズラクシアの詳細ページ

レーザー脱毛

メリット

 

1)医療機関で施術するので、安心してアフターケアを任せられる
2)医療用高出力レーザーを使用するので、高い脱毛効果が期待できる
3)病院での施術なので、エステのようなしつこい勧誘はない

 

デメリット

 

1)出力が高い分、痛みや火傷を伴うこともある。
2)毛周期にバッチリ合わせないといけないので、技術力が問われる
3)ひげをデザインしながらの脱毛には不向き

 

レーザー脱毛で代表的なクリニック

 

湘南美容外科メンズの詳細ページ

 

東京イセアクリニックの詳細ページ

針脱毛

メリット

 

1)一本一本毛根にダメージを与えるので、確実に脱毛できる
2)ひげの形を好きなようにデザインしながら脱毛できる

 

デメリット

 

1)他の施術法に比べて格段に痛い
2)一本一本手作業なので時間がかかり、コスト的にも高い
3)施術者のレベルにより、仕上がりにばらつきがある

 

針脱毛で代表的なクリニック

 

メンズTBCの詳細ページ

 

ダンディハウスの詳細ページ

管理人の見解

3つの方式には、それぞれ以上のようなメリット、デメリットがあります。

施術法を選ぶためのポイントは「期待する仕上がり」「痛みの度合い」そして「予算」です。
効果の順番は針>レーザー>フラッシュと考えて頂いてOKです。
ですが、これはそのまま費用にも比例しますので、管理人的にはレーザーもしくはフラッシュ脱毛でも十分だと考えます。針脱毛はデザイン脱毛以外ではあまりメリットはないかなという感じですね。痛いですし(>_<)
これらを念頭において複数の所を比較、検討し、最終的にカウンセリングをしっかり受けた上で方法を決める事をおすすめします。

脱毛方式によるひげ脱毛の違い記事一覧

レーザー脱毛は、ヒゲ脱毛の方式でもっともポピュラーなものの1つです。ヒゲのメラニン色素に反応する医療用レーザー機器の光を照射し、毛母細胞にダメージを与えて脱毛を促すというもので、日本は世界的に見ても高い施術レベルを誇っていると言われています。
詳細を見る
光脱毛は、最近のひげ脱毛の主流になりつつある脱毛法です。光脱毛機器(フラッシュ脱毛機器)と呼ばれる脱毛器を使用します。ヒゲのメラニン色素に反応し、毛母細胞にダメージを与えるというものですので、基本的な原理はレーザー脱毛と同じなのですが、医療用機器ではないので若干出力が低めなのが特徴です。
詳細を見る
最近、若い男性の間では、ひげをお洒落に整える「トリミング」が流行中です。ひげは、整え方1つで「シャープ」「スマート」「ダンディ」など、様々な印象を演出できます。このトリミングをしながら脱毛を同時に行えるのが、電気針を使った針脱毛です。
詳細を見る