ひげ脱毛皮膚が弱い

肌が弱い方のひげケアは意外と大変!

ひげ剃りは男性の毎日のたしなみですが、知らず知らずのうちにお肌に負担をかけていることがあります。

 

お肌が比較的丈夫な方でも、急いで剃ったりアフターケアを怠るとカミソリ負けしてしまうことがありますが、アトピーの方や敏感肌の方の場合は、ひげ剃りの影響で日常的に肌トラブルを感じます。

 

 

 

で・・どうすればいいの?

アトピーや敏感肌の方がひげをケアするときは、「シェービングフォームをしっかり使う」「ひげそり完了後は保湿を忘れずに行う」というビフォー・アフターケアが不可欠です。

 

しかし、肌質によっては、シェービングフォームや保湿化粧水自体があわないという場合があります。
また、カミソリでのシェービングはお肌に予想以上の負担をかけていますので、剃るたびに炎症やカミソリ負けを起こす方も少なくありません。

 

このような場合は、思い切ってひげ脱毛するのも1つの方法です。

 

 

脱毛という選択はあり!

ひげ脱毛するとカミソリでのケアから解放されるので、カミソリ負けやあわない化粧品による肌ダメージから解放されます。お肌の負担が減れば肌質も落ち着きますので、アトピーの悪化なども防ぐことができます。

 

脱毛はどこで受けるべきか?

ひげ脱毛は方式によってはエステでも施術できますが、アトピーやお肌が弱い方の場合は、医療機関(クリニック)で受診するとよいでしょう。
施術前のカウンセリング時に、お肌の悩みをしっかり相談しておけば、その後のアフターケアも含めて適切に指導してくれるはずです。

 

肌が弱い方におすすめのクリニック

 

湘南美容外科メンズ

 

東京イセアクリニック