ひげ剃り肌荒れ

ひげ剃り後の「肌荒れ」や「カミソリ負け」に悩む男性は以外と多いものです。
これらのトラブルとその解消法について、簡単にご説明したいと思います。
◯ひげそり後の肌荒れとカミソリ負けひげそり後の肌荒れとカミソリ負けには、大まかに分けて3つの原因があります。
お肌自体が敏感肌の場合
敏感肌の場合、カミソリでの自己処理が肌に負担をかけ、炎症が起こることがあります。
このような方はT字カミソリや往復式電気シェーバーなど「深剃り」の自己処理は極力避け、回転式シェーバーやサーミコン式脱毛器など、肌に負担をかけないタイプを選びましょう。
剛毛の場合
ひげが濃すぎて一日に何度も繰り返し剃っていると、当然お肌には負担がかかります。
肌に負担がかからないタイプの電気シェーバーを使ったとしても、回数が増えれば負担も当然増えますので、アフターケアは欠かせません。
手入れが雑な場合
カミソリや脱毛機器を不潔な場所に放置し、そのまま剃ると雑菌がお肌に悪影響を及ぼし、炎症になることがあります。
直接お肌に触れるものですから、つねに清潔を保ちたいですね。

肌トラブルを避けるためのひげ脱毛
以上をみてわかるとおり、ひげ剃り後に肌トラブルを感じる方は日頃のケアに細心の注意を払う必要があります。 しかし、敏感肌の人や毛の濃い方は、どんなに繊細なケアをしても、自己処理しているかぎり肌荒れのリスクはついて回ります。
肌トラブルを解消したい時は、ひげの永久脱毛を考えるのも1つの方法です。
脱毛というと女性専用のイメージを持つ方も多いかも知れませんが、ひげ脱毛はいまやお洒落な男性、身だしなみを気にする男性の間では常識です。
ひげ脱毛をすれば、カミソリが毎日お肌にあたるリスクを避けることができますので、脱毛がすすむにつれてお肌のトラブルも改善して行きます。
煩わしい自己処理から開放されたい方、お肌トラブルを解決したい方は、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。