電気シェーバー

ひげの自己処理の主な方法には「電気シェーバー」と「T字カミソリ」の2種類があります。
これらの違いについて気に留めたことも無かった、という方も多いと思いますが、実はひげや肌質の種類によって、どの方法が適しているかは異なります。
電気シェーバーか?カミソリか?
肌質とひげの毛質で選ぶ自己処理法電気シェーバーとT字カミソリの最大の違いは、「剃れる度合い」です。
深剃りを希望するならば、だんぜんT字カミソリがおすすめです。
しかし、深剃りは同時に肌を傷つけやすいというデメリットもありますので、お肌が弱い方の場合は電気シェーバーを選んだ方が良いでしょう。
ただし、一言で電気シェーバーと言っても、さらに剃り方の方式で2種類に別れます。
電気シェーバーの2つのタイプ
電気シェーバーには「回転式」と「往復式」の2つのタイプがあります。
それぞれの特長について、簡単にご説明しましょう。
「回転式」...刃が回転しながら剃るタイプ。
お肌に負担をかけにくいが、深剃りしにくい。
「往復式」...刃が往復しながら剃るタイプ。
深剃りに優れるが、お肌に負担がかかりやすく、剃り跡に血がにじむという人も。

どの方法を選べば良いのか
「肌へのやさしさ」と「より深いそり味」を両立するのは中々難しいものです。
しかし、1つの目安として言えるのは、「電気シェーバーは各社の技術が結集しているが、T字カミソリの剃り具合は自分の腕にかかっている」ということです。
お肌が弱い方は、最新技術を用いて「肌への優しさと高度な剃り」を追求した電気シェーバーを用いるか、思い切ってエステでひげ脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。