ひげ抜く

ひげのセルフケアと言えば、T字カミソリなどでのひげ剃りと、毛抜きを使う方法の2種類が一般的です。
よりポピュラーなのはカミソリを使ったケアですが、カミソリ負けが気になる人、減毛したい人の場合、毛抜きを使うことが多いようです。

 

毛抜きをつかったセルフケアには、いつでもどこでもできるというメリットがあります。
しかし、その陰に大きなデメリットが存在することをご存知でしょうか。

 

ひげを抜く行為のデメリット

 

ひげを抜く行為には、カミソリでのケアとは比べ物にならないリスクがあります。

 

炎症の危険性

 

毛抜きでのケアでまず第一に気になるのは、炎症の危険性です。
毛抜きでヒゲを引っこ抜くと毛穴が広がってしまい、そこに雑菌が侵入しやすくなります。
雑菌が侵入すると、毛穴の中の皮脂に繁殖し、炎症などの肌トラブルの原因になります。

 

埋没毛の危険性

 

先に述べた通り、毛抜きを使うと毛穴が広がったり、変形しやすくなります。
すると、新しい毛が生えて来た際に、普通の毛のようにまっすぐのびず、皮膚の下に埋もれる「埋没毛」となるリスクが高まります。

 

上記は、毛抜きを使った場合に想定される代表的なトラブルです。
ひげを抜く行為は、たとえ身だしなみのためによかれと思って行っても、逆効果になる場合が多いので、くれぐれもお気をつけ下さい。

 

ひげを抜く行為の危険性について関連ページ

薄くする方法
ひげを生やすことって不潔なの?
就活生